歯を失った方

幅広い治療に対応!歯を失った際の治療法

健歯歯科 HOME > 健歯歯科のご案内

失った歯を取り戻す

失った歯を取り戻す

虫歯・歯周病・不慮の事故……。
歯を失う原因になりうることは、この世の中にいくつもあります。場合によっては若くして歯を失ってしまうことも……。しかし、たとえ歯を失っても歯科治療によって歯を取り戻すことは可能です。主な方法として挙げられるのは、「入れ歯」「歯牙移植」「ブリッジ」「インプラント」の4つ。

当院では、患者さんのご要望・ご都合に合わせてそれぞれの治療法のメリット・デメリットをしっかりとお話しし、最適な治療法を提案しています。

歯を失った際の治療方法

入れ歯

入れ歯

入れ歯とは、失った歯を義歯によって補う治療法です。部分的に補う場合は部分入れ歯を、すべての歯を補う場合は総入れ歯を使用します。他の治療法に比べて治療期間が短いことが大きなメリットです。

また、入れ歯は保険診療で作れるものと自由診療でしか作れないものがあり、保険診療ではレジン製のものしか作れません。

歯牙移植

歯牙移植

歯牙移植とは、失ってしまった歯の代わりに自分自身の親知らずを移植する治療法です。使用するのは主に親知らずですが、他の歯を使用することも可能です。

他の治療法が人工物を使用するのに対して、自分自身の歯を使用するため拒絶反応などが起こらず生体適応性が高いことが大きなメリットです。

ブリッジ

ブリッジ

歯を部分的に失った場合の治療法です。歯を補いたい部分の両隣にある歯を削り、橋を架けるように人工歯を取り付けます。健康な歯を削る必要があるものの、治療期間が短く、しっかりと固定されることが特徴です。

インプラント

インプラント

歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療法です。チタンが骨と結合するためしっかりと固定でき、人工歯はセラミック製のため見た目も自然です。

当院ではJMM(京セラ)の「POIインプラント」を採用しています。POIインプラントは日本製のものの中でもっとも歴史が古く、多くの実績を持っている信頼性の高いインプラントです。

各治療のメリット・デメリット

  メリット デメリット
入れ歯
  • 治療が短期間で済む
  • 保険診療なら費用が安く済む
  • 噛み心地が悪い
  • 発音に問題が起こることがある
  • 歯にものが挟まりやすい
歯牙移植
  • 人工物のような違和感がない
  • 歯肉が歯の周りにつく
  • 比較的安価
  • 大きさが合わない場合がある
  • 手術を行う必要がある
  • インプラントほど確実性がない
ブリッジ
  • しっかりと固定される
  • 素材によっては自然な見た目になる
  • 治療が短期間で済む
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 発音に問題が起こることがある
  • 口腔内が不衛生になりやすい
インプラント
  • しっかりと噛むことができる
  • 見た目が天然歯と変わらない
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 治療費が高額になる
  • 手術を行う必要がある
  • 治療期間が長い